本文へスキップ

北海道の医療・医療機関情報を提供する、「新北海道 医療」です。

お問い合わせはメールでgria@plum.plala.or.jp

過去のニュースNEWS

過去のニュースのご案内

 2018年度  2017年度 2016年度   2015年度 2014年度  2013年度 
 1月-5月  1月-4月 1月-12月  1月- 3月 1月-3月  1月-4月 
 5月-7月  5月ー7月   4月-5月  4月ー 7月 5月-8月
 8月-  8月ー10月   6月-9月 8月―10月 9月-12月
  11月-12月   10月-12月 11月-12月   

2018年度8月-、トピックス・ ニュース

   
   

セーコーマートと北大が、高たんぱくなアイスクリームを栄養補給に病院食として共同開発
  コンビニ道内最大手セコマ(札幌)と北大は、共同開発したアイスクリーム「うしからもらったアイス」の北大病院内での提供を始めた。栄養が不足しがちな高齢者や、病気などで食欲がない人でも、おいしく効率的に栄養補給ができるようタンパク質の含有量を高くしたのが特長だ。宗谷管内豊富町産の牛乳とバターを使用。タンパク質などの栄養素を豊富に含むホエー(乳清)を加えることで、タンパク質の割合は1個(60ミリリットル)当たり5グラムと、一般的なアイスの約2・5倍にした。北大病院の一部の入院患者の病院食として提供を開始。7月下旬にオープンした「セイコーマート北海道大学店」でも販売。その後も、他の病院内にあるセイコーマートでの販売、介護施設への提供も予定する。(2018.08.26)



 
 

新規開業のお知らせ。
さっぽろみなみホームケアクリニック(南区)札幌の南区を中心に訪問診療、在宅医療、在宅緩和ケアを行う「さっぽろみなみホームケアクリニック」を、いまいホームケアクリニックの分院として開院。甲状腺・糖尿病クリニック 中の島(豊平区)甲状腺・糖尿病クリニック 中の島は糖尿病内科 内分泌・代謝内科の専門性を継続した医療を提供します。新川まえだ眼科(北区)ecoa新川クリニックモール2階にある新川まえだ眼科、 緑内障、白内障、ドライアイなどご相談下さい。 土曜診療も行っております。和光メンタルクリニック札幌宮の森 (中央区)は、和光メンタルクリニックは心療内科、精神科、児童精神科の保険医療機関です。

以上、新規開業いたしました。(2018.08.26)

   

札幌市内で手足口病が流行!
 夏風邪の一種「手足口病」が、札幌市内でも流行している。市保健所によると、市内の1医療機関当たりの患者報告数は、8月6~12日で6・51人と減少傾向に転じたが、依然として警報発令基準の5人を上回る状態が続く。学校などで新学期が始まり今後、集団感染で患者数が再び増加する恐れもある。


手足口病とは
手足口病は、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。子どもを中心に、主に夏に流行します。感染症発生動向調査によると、例年、報告数の90%前後を5歳以下の乳幼児が占めています。病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)で、その他、コクサッキーウイルスA10などが原因になることもあります。
(2018.08.24)

 

新規透析導入患者数、医療機関連携で4,000人減を目指す!
 厚生労働省の腎疾患対策委員会は2028年度までに新規の透析導入患者数を年間4,000人減らすという数値目標を示した。腎臓専門医療機関とかかりつけ医、メディカルスタッフなどが連携し、自覚症状に乏しい慢性腎臓病患者(CKD)が早期に適正な治療を受けられる体制を構築する狙いがある。(2018.08.24) 



 

札幌市役所本庁舎と区役所、周辺敷地含め全面禁煙に
 

札幌市は、現在は原則として喫煙室を設け分煙している市役所本庁舎と区役所について、来年1月から建物を含む敷地内を全面禁煙とする方針を固めた。受動喫煙防止策を盛り込んだ健康増進法改正案を先取りし、来年秋のラグビーワールドカップなど市内で開かれる国際スポーツ大会に備える。役所の禁煙が各地に広がるが、敷地も含めた禁煙は人口が多い10市で初めて。市は近く、市の諮問機関である中央安全衛生協議会に提案し、最終決定する。
市はこれまで市立札幌病院と市立学校などで敷地内を禁煙にしており、これを拡大する。市役所本庁舎の7カ所と、東区と南区以外の8区役所(11カ所)の喫煙所を、年末に撤去する。(2018.08.24)


Gria CO.LTD.新北海道 医療

E-mail gria@plum.plala.or.jp